業務用システム

サンジュニアトップページ > 業務用システムトップページ > 業務用太陽熱給湯システム事例集 > CASE1

 

 

業務用太陽エネルギー設備

 

施工事例集

CASE1

長野県上水内郡信州新町に本社を構えるジンギスカンの加工を主とした食肉加工業を営まれている、むさしや食品有限会社様の新工場の立ち上げに際し「地球にやさしいエコな設備導入」を行いたいとのご要望を受け、毎日の掃除に使用される大量のお湯を太陽熱で沸かす設備を導入させていただきました。

 

設置システム概要

70度のお湯を毎夕2,000リットル程度一度に使用される為、集熱面積41.8平方メートル、貯湯量2,000リットルのシステムを設計し、凍結防止回路及び過集熱防止制御を備えました。

 

集熱器 設置集熱器面積 41.8平方メートル 貯湯槽 容量 2,000リットル
集熱器設置枚数 20枚 熱交換器 内蔵
設置方位 東17度 制御 凍結防止 不凍液使用による
設置傾斜角 45度 沸騰防止 落水式沸騰防止制御

 

導入後の評価

本システムの導入後経過、導入効果などについて、むさしや食品有限会社代表取締役 大久保公雄様にご評価いただきました。

 

平成20年2月14日に新工場へ移転を致しました。弊社はジンギスカン製造を主とした食品工場で毎日の手洗い・機器器具類の洗浄・作業場の清掃等、大量のお湯を使用するので、このたび、新工場新築にあたり「地球温暖化対策CO2削減」「経費削減」を目的に太陽熱を利用した太陽熱給湯システムを導入いたしました。

 

新工場になり、上水道使用量が1.5倍になりました。そして灯油代、ガス代の推移を調べて、最近の灯油価格高騰を考えますと、太陽熱給湯システムの導入によりCO2削減・経費削減の効果はかなり大きいと実感しております。

 

設置効果

太陽熱システムを導入した新工場稼動の2月から6月からのデータを取得、分析を行いました。

日中集めた熱を、2~3時間おきに繰り返し使用してるため太陽エネルギーの利用効率が非常によくなっています。これはグラフの集熱量と太陽熱の出力量にほぼ差がないことからもわかります。太陽のお湯を無駄なく使用できている証拠です。

全体の給湯使用エネルギーから見た太陽熱の利用率は平均して約40%となっています。太陽熱をしっかり使い切ることのできる、非常に効率のよいシステムであることがよくわかります。

 

このページの上部へ