サンジュニアトップページ > 太陽光発電トップページ > 我が家に太陽光発電が来るまで > 太陽光発電システム設置工事の流れ

 

太陽光発電システム設置工事の流れの一例をご紹介いたします。
※お家の条件により、多少の違いがございます。

 

●朝、8時30分頃に伺いました
●天候により工事当日に屋根状態の確認
●資材搬入・近所道路状況・駐車スペースなど安全確認
●現場にて再度!作業工程の確認・作業安全確認

●屋根材や形状に合わせて事前設計した図面通りに架台設置

●太陽電池モジュール(パネル)を設置

●太陽電池モジュールで発生した直流電気を集約
(接続箱からパワーコンデイショナーへ直流電力を持っていきます)

●後日、電力会社にて売電用メーターの取付ができるよう準備

●直流から家庭用の交流に変換する、パワーコンディショナー(インバータ)を設置
●カラーモニター(エコガイドテレビ)などの送信ユニットも設置
●屋根工事と電気工事は同時進行にて工事が行われていきます

 

●発電量などが確認できるモニターを設置して、日付などを調整
※写真は連系検査(電力会社にて)が終わった後の写真です

●夕方には工事が終わり設置が完了しました

 

 

このページの上部へ