サンジュニアトップページ > 節電サーモ

「節電サーモ」は、凍結防止ヒーター専用のサーモスタットです。専用設計ですので、凍結防止機能はしっかりと果たしながら、従来品に対して約90%(*1)の節電を達成しています。電気代の節約はそのまま、CO2の削減 に結びつきます。つまり、家にやさしく、家計にやさしく、地球にもやさしい。環境時代の節電サーモです。長野県下を中心に45万本以上の販売実績があり、寒さの厳しい地域で非常に高い評価を得ています。

※1:気象条件やヒーターの種類により節電率は多少異なります。

 

凍結防止ヒーターの役割と機能

凍結防止ヒーターとは、冬季の最低気温が摂氏0度を下回る地域の水道管を電熱線で暖め、凍結を防ぐ装置です。
水道管が凍結すると、水が使えないだけでなく、最悪の場合配管破裂の危険もあるため、積雪のある地域ではなくてはならない装置です。また、水道管の凍結を防ぐ役割もあります。
凍結防止ヒーターは電気を利用して熱を発生させるため、当然電気代がかかります。
冬季の間も、凍らない気温になる時間は多いですし、いちいち抜き差しするのは面倒です。そこで、外気温によって自動で電源の入り切りを行う「サーモスタット」といわれる装置が作成されました。

 

寒冷地の電力需要ピークは冬にやってきます。

「節電」、「省エネ」というと真夏をイメージしがちですが寒冷地の電力消費のピークは実は冬にあります。(下記グラフ参照)「節電サーモ」ならワンシーズンで確かな節電効果が実感できます。

 

 

電気の無駄を省くこと。地球環境を考えるサンジュニアの結論です。

水は0度以下で氷に変わります。「節電サーモ」は、その当たり前の原理に着目し、最新の電子技術で開発され約90%の節電に成功しました。目指したのは「凍る直前まで通電しない」「凍結事故は絶対起こさない」。1度に満たない温度の制御を詳細に行うことによって導き出された結論がこの商品です。

 

■ 従来のサーモスタット

従来のサーモスタットは、かなり余分に凍結安全を考え、5度で通電、10度になるまで切れない、という設計になっています。安心ですが、冬季間に10度をこえるという事はあまりありません。つまり、電気が流れっぱなしの状態になってしまうのです。

■ 節電サーモ

そこで節電サーモでは、電子制御により0度で通電を開始、さら に通電中もファジー制御で細かくON、OFFを繰り返すことによって、より少ない電力で凍結を防止します。電気代にすると従来品の約10%という高性能を達成しています。

ひと冬でおよそ40,000円の節約効果!

右記の表は、11月から4月までの長野市での一般家庭での通電時間、電気料金のデータです。節電サーモを節電サーモのある計10箇所に設置し、設置前とのデータを比較したところ、約40,000円以上電気代を節約することができました。

節電サーモを10本取り付けたことを考えても1年目から2万円の節約です。豊かな暮らしと、豊かな地球、普段は見ない給湯器周りに、わずかな工夫で大きな効果です。

取付カンタン! 一度つければ1年中そのままでOK!

節電サーモは取り付けも簡単です。また、0度以下にならなければ通電することもありませんので寒くなるごとにつけたり、はずしたりもありません。耐久性にも優れていますので、一度つければ安心です。

①今ある凍結防止ヒーターの電源を抜きます。

②抜いた凍結防止ヒーターを節電サーモにつなぎます。

③節電サーモをコンセントにつなげればOK!後は1年中つけたままで安心です。

サービスエリア内であれば、弊社社員が直接お伺いして取付を行わせていただきます。ぜひお問い合わせください。